HOME公社の概要みどりの事業公園スポーツ文化・癒し・つどい駐車場・駐輪場その他事業

花の見頃情報

今が旬の花の情報をお知らせしますillust337_thumb.gif

 ハンカチノキ①.jpg

 

 ハンカチノキ②.jpg

ハンカチの木【相模原麻溝公園】 撮影日4月20

 樹林広場の入口脇にあるハンカチノキの1本が白いハンカチをたくさんつけ始めました。次第に大きくなります。園内には全部で4本。センター広場のスロープにも1本あります。

 ハナミズキ①.jpg

 

 ハナミズキ②.jpg

ハナミズキ【相模原麻溝公園】 撮影日4月20

 第二駐車場の緑地と花の谷にあるハナミズキが白い花を咲かせ始めました。この数日、夏日を思わせる天候に一斉に開花しました。花が上をむいて咲くのが特徴ですが花弁ではなく総苞片です。仲間のヤマボウシはもう少し後に咲き出します。

 カロライナジャスミン①.jpg

 

 カロライナジャスミン②.jpg

カロライナジャスミン【相模原麻溝公園】 撮影日4月20

 花の谷の洋風花壇のアーチに絡みついているカロライナジャスミンが黄色い花をたくさん咲かせています。同じ花壇には黄色い梅の花に似たウンナンオウバイも咲いています(下)。区別してご覧ください。

 ハンカチの木全体.jpg

 

ハンカチの木個.jpg 

ハンカチの木【相模原北公園】 撮影日4月20

 垂れさがっている苞を白いハンカチに見立て日本では「ハンカチの木」と呼ばれています。

 ショウゲツ個.jpg

 

ショウゲツ全体.jpg 

サクラ(ショウゲツ)【相模原北公園】 撮影日4月20

サトザクラの中で一番きれいと言われている八重桜です。咲き始めました。

 ギョイコウ個.jpg

 

ギョイコウ全体.jpg 

サクラ(ギョイコウ)【相模原北公園】 撮影日4月20

 オオシマザクラ系のサトザクラで、花の色が貴族の衣服の萌黄色に似ているため、この名前がつきました。

 

 ウコン全体.jpg

 

ウコン個.jpg 

サクラ(ウコン)【相模原北公園】 撮影日4月20

名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来します。

 ホウチャクソウ個.jpg

 

ホウチャクソウ全体.jpg 

ホウチャクソウ【相模原北公園】 撮影日4月20

 名前は、花が垂れ下がって咲く姿が寺院建築物の軒先の四隅につり下げられた飾りの宝鐸に似ていることに由来しています。これから、花はもっと白くなっていきます。

 ☆シャクナゲ.jpg

 

☆シャクナゲ 全体.jpg 

シャクナゲ【相模原北公園】 撮影日4月10

池周辺園路に咲くシャクナゲは、常緑広葉樹にもかかわらず、寒冷地(北海道~九州)まで分布しています

 【麻溝】クレマチス・アーマンディー③.jpg

 

【麻溝】クレマチス・アーマンディー①.jpg 

クレマチス・アーマンディ【相模原麻溝公園】 撮影日4月10

第二駐車場入り口フェンスと花の谷、洋風下段のアーチに植栽している常緑タイプのクレマチス・アーマンディが白やピンクの花をたくさん咲かせています

【麻溝】ハナモモ③.jpg 

 

【麻溝】ハナモモ①.jpg 

ハナモモ【相模原麻溝公園】 撮影日4月10

芝生広場の歩道脇に植栽しているハナモモが見頃を迎えています。品種は相模原の伝説”照手姫” にちなんだ「照手紅」「照手桃」「照手白」で、芝生の緑にハナモモの紅色、桃色、白色が映えて大変きれいです。

 シャクナゲ①.jpg

 

シャクナゲ②.jpg 

西洋シャクナゲ  【相模原麻溝公園】 撮影日3月30

樹林広場の自販機後方で西洋シャクナゲが早くも見ごろを迎えています。赤い花束をたくさんつけています。
 

 花壇①.jpg

   花壇②.jpg

花壇   【相模大野中央公園】 撮影日4月10

色とりどりの花が鮮やかに咲いています。写真右の丸池花壇は、相模女子大学グリーンホール側の風の広場から見下ろすこともできます。